CATIAにおけるファスナーデータ・デザインプロダクト

../../fileadmin/dam/Digital Factory/Pictures/Text Fastjoint 1

締結点(ファスナーデータ)を後工程で効率的に管理できるプロダクト

FASTJOINTはリベッティングやスポット溶接、アーク溶接線、ボルト・ナットといった締結点(ファスナー)をCATIA/DELMIA V5上で効率的に定義、検証するプロダクトです。 初期設計段階から実際の製造までファスナーデータの完全な一貫性を実現します。 

../../fileadmin/dam/Digital Factory/Pictures/Text Fastjoint 2
      • 締結する部品に対してファスナーの位置や属性を定義します。ファスナーライブラリーはユーザーが使用するリベット形状、留め具形状、溶接打点、溶接線、接着形状などを定義できグラフィカルなファスナー形状を表示します。
      • CATIA V5形状データ(点やUDFなど)を流用し、そこで使用されているパラメーターをファスナーデータに適用することができます。(素材厚さや穴深さなど)
      • 締結部分に使用されるボルトとナットといった部品をセットで定義でき締結部品の管理を容易にします。
      • FASTJOINTはファスナーデータを一覧で参照し、適合性をチェックできる機能を用意しております。そのため設計変更や製品を置換したバリエーションなどに対してファスナー位置などが妥当であるかを検討できます。
      • テキストデータからの取込、他のデータベースからのファスナーデータの入出力ができ、他システムとの連携がシームレスに行うことができます。
      • FASTJOINTで定義されたファスナーをそのまま製造シミュレーションに適応することができ、設計の変更点を簡単に製造工程に反映することができます。
      • ドリル&リベッティング
      • スポット溶接
      • アーク溶接
      • ボルト・ナット結合
      • 接着材結合